種類と特徴について

作業員

住宅に住んでいる時に必ず利用するものとしてフロアがあります。私達の住宅にはフロアなくして生活をすることができません。フロアがあることによって私達は歩きまわることができますし、フロアがなければ生活もままなりません。私達は毎日フロアの上で生活をしているので、汚れや傷などもつきやすく、毎日の掃除なども結構手間がかかってしまいます。その手間を減らす方法としてフロアコーティングがあり、専門業者に依頼することによってコーディングすることが可能となっています。フロアコーティングには種類があり、それぞれに特徴がありますので、どのコーディング方法を選ぶかが鍵となります。フロアコーティングの種類と特徴、効果などを比較することでどれにするべきかがわかりやすくなります。それぞれの特徴について知ることが一番の近道です。

フロアコーティングには大きく分けて4つの方法があります。UVフロアコーティング、シリコンフロアコーティング、ガラスコーティング、ウレタンコーティングの4つが主な方法となっています。UVは、耐久性も耐摩耗製も優れているので、一度施工した後は暫くする必要がありません。体にも優しい成分でできているため、シックハウスやアレルギーにも対応しています。美しさも一番だと言われています。シリコンは、強い撥水性が特徴的であり、汚れなどの浸透を防ぐことができます。施工後の掃除がかなり簡単になり、ペットの排泄物なども簡単にお掃除することができます。コスパとしては最強だと言われています。ガラスは、一番ナチュラルな仕上がりとなります。UV並みの強さがありますが、床本来の色などをキープすることができるのが魅力的です。ウレタンは、体育館などで使われることが多いです。お湯や油にも強く、強靭さを求めるものと相性が良いです。フロアコーティングの特徴を比較することで、自分が行ないたい施工方法が見えてきます。快適な空間を作るためにも考えぬきましょう。